論文タイトル(芝浦工業大学 2018-)

年度 論文題目
2021年度
卒論
2020年度
卒論 ♦ 気候変動への緩和策・適応策を考慮したSDG1貧困目標達成可能性の評価
♦ 物理過程および入力データの違いによる河川洪水シミュレーションの不確実性の評価
♦ 用途や地域に適した洪水リスク情報の創生に資するグローバル洪水リスクマップの比較評価
♦ CMIP6マルチモデルによる極値河川流量の変化予測
♦ CMIP6温暖化実験による将来の洪水の季節変化の解析
♦ 河川洪水発生への地球温暖化の寄与度の不確実性評価
♦ 地下水位長期観測データの多地点相関解析に基づく埼玉県の地下水流動の検討
♦ さいたま市の水収支構造の解明と温暖化による影響の評価
2019年度
卒論 ♦ 統合水資源モデルを用いた関東の渇水時農業用水不足量の推計
♦ 衛星画像自動解析による日本全国の水温変化傾向の調査
♦ Landsat-8 TIRSデータによる表面水温推定の精度検証と補正式の提案
♦ 大規模アンサンブル実験を用いた過去60年間の洪水への地球温暖化の影響の評価
♦ 浸水深-被害率曲線の地域的な違いの分析及び被害額算定に与える影響の評価
♦ 3次元地下水流動モデルの地質パラメータに対する感度の分析 【土木賞】
♦ 日本の記録的な豪雨に伴う洪水の規模の地域的な違いの分析 【白亜賞】
♦ 都市流域における温暖化影響を考慮した計画降雨の提案
♦ 平成30年西日本豪雨による交通インフラ停止に伴う間接損失の推計
2018年度
卒論 ♦ 東京都内の地下水利用が地盤に与える影響の広域評価
♦ 大規模アンサンブル気候実験を用いた近年の河川洪水への地球温暖化の影響の評価 【白亜賞】
♦ 神田川流域を対象とした大規模水害時における地下鉄の浸水対策調査
♦ 日本全国の河川湖沼の水温変化傾向とその要因に関する文献調査
♦ 赤外画像による河川および湖沼の水温観測誤差の定量化
♦ 建設費用要素の多変量解析にもとづく世界の河川堤防の建設単価費用モデルの開発

論文タイトル(東京大学 2010-2017)

年度 論文題目
2017年度 修論 ♦ 気候変化と社会経済変化を考慮した世界水資源モデルによるネパールの灌漑水量の将来予測(Projection of net irrigation requirement of Nepal using a global water resources model considering climate change and socio-economic development)
♦ ユーラシアの積雪とインドモンスーンに伴う降水量の関係 :メカニズムの解明ならびに地球温暖化の影響(Relationship between Eurasian Snow Cover and the Indian Monsoon Rainfall : Mechanism and the Influence of Global Warming)
♦ 灌漑による干ばつ時の穀物生産損失の低減効果とその経済性に関する全球推計
卒論 ♦局所アンサンブル変換カルマンフィルタを用いた浸水域と水位の同化による河川氾濫シミュレーションの向上
2016年度 修論 ♦ 大規模河川氾濫実験と超高解像度水面マッピングを用いた全球洪水変化の復元・検出・原因特定 【古市賞】
卒論 ♦ 全球氷河熱収支モデルの開発によるデブリ氷河の融解特性の広域解析 【田辺賞】
♦ CO2の排出責任国と温暖化による被害国は一致するのか? 〜洪水被害を例とした分析〜
2015年度 修論 ♦ 河川-海岸結合モデルの開発によるメガデルタ地域の複合水害シミュレーション
卒論 ♦ 洪水による直接的・間接的な経済被害の算定と経済に与える被害の分析〜2011年タイ大洪水を例に〜 【田辺賞】
♦ 自然災害が全球穀物収量に与える影響の評価
2014年度 修論 ♦ 古気候に適用可能な氷河モデルの開発による氷河長期融解過程の解明
卒論 ♦ 緩和レベルに応じた将来の洪水変化への全球適応費用の推計
2013年度 修論 ♦ 将来の気候変動・水利用変化が作物成長に与える影響
♦ 全球氷河デブリ被覆分布の作成によるデブリが氷河質量変化に与える影響の評価
♦ Future projection and uncertainty of global flood change using multiple climate model simulations of CMIP5 
卒論 ♦ 海水準変動を陽に考慮したメガデルタ地域における洪水氾濫シミュレーション 【田辺賞】
2012年度 修論 ♦ 気候の内部変動を考慮した氷河質量変化の検出と原因特定
卒論 ♦ GRACE衛星と数値モデルを用いた氷河質量変化の算定
2010年度
卒論 ♦ 衛星画像を用いた山岳氷河の広域モニタリングの自動化に関する研究